Glossary / 用語 ア行

アウトプット(Output)  
顧客に届けられるプロダクト、サービス、情報のこと。プロセスアウトプット。  
アウトライヤー(Outliers)  
外れ値ともいう。間違ったセッティング、計測上のエラー、不完全な作業、機械やツールの故障などが原因となり、管理図やヒストグラム上で突出した値として表れるもの。  
アナライズフェイズ (DMAIC)
Analyze Phase (DMAIC)
 
【DMAIC】のA。Analyzeフェーズ。
 プロセスのアウトプット(y)に影響を与える主要なインプット(fx)がプロセスの中でどのように影響を与えているかを明確にする。 アナライズフェーズでは、以下のような活動が主に行われる。
- 可能性のある要因を特定する 
- 根本原因は何か?詳細は何を物語るか?データによってどこに問題があるかを知る
- 根本原因の不具合をどうやったら取り除くことができるか、どのように問題を解決するか 優先順位付け など
 
後工程(Downstream)  
次工程ともいう。あなたが製作したプロダクト、あるいは提供したサービスを受け取り、次の作業を行う工程(プロセス)のこと。  
アローダイヤグラム (矢線図)
Arrow Diagram
 
作業の内容と日程の流れを、矢印で順に追って表した図式  
安全在庫(Safety Stock)  
材料不足が起こるのを防ぐための在庫  
アンドン
Andon
 
現状の作業状況や問題を即座に知らせるためのシグナル。 作業員は不良を後工程へ流さないために、ラインを止めることができる。  

インプルーブフェイズ(DMAIC)
Improve Phase (DMAIC)
【DMAIC】のI。Improveフェーズ。
工程改善、対策、パイロット(試作)を実施する。これらの実施によってもたらされる効果の確認、記録、モニタリングなども併せて行われる。インプルーブフェーズでは、以下のような活動が主に行われる。
- ムダの削減(工程から複雑さやバラツキをなくす)
- 工程の複雑さの軽減を目指したプロセスの簡素化・簡略化(ストリームライン)
- バラツキの軽減:成功事例に標準化する。バラツキをなくす 
- 改善点をテストし、その結果を評価する
- パイロットを実行しデータを収集する
- テストアウト、データ確認、管理項目のデザイン
- 意図したとおりの改善を維持できる手順、実行計画立案
- 改善を展開していく方法、コミュニケーション、変更のタイミングやトレーニングなどの実施
インプット
プロセスに投入される消費されるリソース、情報、材料

運搬のムダ(Transportation)  
材料を動かす必要がないのに実行されているムダ。ものの動きに注目したもの。  

エラー(Error)  
特定された製造やビジネスプロセスから逸脱すること。エラーが起きるとプロダクトやサービスに欠陥が生じる  
エンパワーメント(Empowerment)  
任された事に対して何でも自由にして良いという事ではなく、設定された範囲内でゴールや課題の達成に対して取捨選択が出来るようにすること。自分たちで「何を創り出すことが出来るか?」というビジョンを共有し、焦点や方向性を打ち出すこと。